研修会・講習会・指導者組織Leadership Organization

  • ホーム
  • 研修会・講習会・指導者組織

指導者養成講習会

 当協会では、8月に「初級障がい者スポーツ指導員」の養成講習を実施しています。

 障害者スポーツの普及・振興のために障がい者スポーツ指導員を養成します。
講習会の内容は、「(公財)日本障がい者スポーツ協会」の標準カリキュラムに沿ったもので、障害者が安全にスポーツを楽しめるために、「障がい者スポーツの意義や理念」、「障がいの理解とスポーツ」、「ボランティア論」の講義など、また、「障がい者との交流」では、実際のスポーツ活動現場で障害者とのふれあいを体験します。
3日間の講習会の修了後は(公財)日本障がい者スポーツ協会公認「初級障がい者スポーツ指導員」の資格認定の申請ができます。 当協会では、この講習を修了された方は任意で「FHSの会」に登録いただき、障害者スポーツ大会や、障害者スポーツ教室において、サポートスタッフとして活動することができます。

指導者養成講習会

障がい者スポーツ指導員とは

初級障がい者スポーツ指導員

 (公益)日本障がい者スポーツ協会が、国内の障害者スポーツの振興と競技力向上にあたる障がい者スポーツ指導者の資質と指導力の向上をはかり、指導活動の促進と指導体制を確立するため「日本障がい者スポーツ協会 公認障害者スポーツ指導者制度」を制定しているものです。

初級障がい者スポーツ指導員

 地域で活動する指導者で、主に初めてスポーツに参加する障がい者に対し、スポーツの喜びや楽しさを重視したスポーツの導入を支援する者。

受講資格

受講年度の4月1日現在で18歳以上の者。

初級障がい者スポーツ指導員

  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 初級障がい者スポーツ指導員

FHSの会

 障がい者スポーツ指導員等が、当協会の実施する事業を直接支援する等、指導員活動を組織的に行うことにより、一層の障害者スポーツ・レクリエーションの普及、振興が図られるよう「福岡県障害者スポーツ・レクリエーションサポート・システム」を設置しています。 このシステムの名称はFHSの会(福岡県ハンディーキャップスポーツ・サポートの会)といいます。

  • FHSの会
  • FHSの会

初級障がい者スポーツ指導員

 FHSの会は、(公財)日本障がい者スポーツ協会公認の障害者スポーツ指導員および、障がい者スポーツ指導員養成講習会修了者で構成されており、当協会主催の大会や教室等にご協力いただいております。

  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 初級障がい者スポーツ指導員

ページの先頭へ戻る